HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
大会を支えるスタッフの方々。ニジローが取材&お手伝いをさせていただきました。


EVENT-9 第9回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会
080407決勝
■080407決勝
 天気予報は下り坂。正午から降水確率は高くなっています。
 13:00試合開始です。今日まで雨の心配なく進んできた今大会。どうかノーサイドまで持ちますように。
 開会式の日、風が冷たく桜もしっかりとその花びらを抱いていましたが、大会が進行すると同じく季節も進み、昨日の暖かさで散る出す桜もあります。
 曇天といっても底冷えする寒さはなく、もう雪の降る気配はなさそうです。
 雨の心配がなければ、快晴で熱いより、選手たちにはこのほうがいいのかもしれませんね。
080407決勝 080407決勝 080407決勝
練習してから? マイ・フィットネス 共に
 まだ試合の準備を始めるには早い?時間に、アップグランドで練習しているチームがありました。
 今日は13:00試合開始のため、早朝から準備しなくても大丈夫。
 競技補助役員として決勝戦をお手伝いしてくれるラグビー部員たち、そのお仕事の前に練習!?ではないでしょうか。
 大会も今日一日となりました。よろしくお願いします。
 AグランドからCグランドへ向かっていく途中の右手に、小学生を対象としたフィットネスコーナーが設けてあります。
 12の掲示版にどの部分のどんな効果の、または、どのような時に行なえばいいストレッチなのかが説明されていて、それぞれに動物が描いてあり、次のコーナーへ移動するときはその動物のポーズで移動しましょう1とかかれています。そして一番最初の掲示版には、このフィットネスを行なうにおいての諸注意が低学年でも読んで、理解できるように記されています。
 ニジローが小さい!??のか、高学年も使用使用するから大きな小学生??も使用できるように配慮してあるのか、設置してある器具のサイズが「大きい」。
 大人でも充分!!充分!
12のコーナーを回って余裕ができたら、回る回数を増やしていきましょう!
 ニジローは12制覇が目標でしょうか...。
 今日、決勝の日を向かえた2チームは共に「近畿地区代表」そして、この部旗が今大会で掲げられるのは「初めて」です。
 啓光学園ではなく校名変更して新しくなった常勝啓光学園の部旗、そして初出場の御所工業・実業高等学校。新しい部暦を刻みます。
080407決勝 080407決勝 080407決勝
最大のチーム 表彰 桜花のように
 大会運営の心臓部、大会本部です。
 あらゆる情報がここで整理され、そして伝達、指示に変わります。
 大勢の人員で運営されている大会です。伝達が、情報の整理が出来なくては大所帯を動かせません。
 あらゆる状況を事前に想定し、対応できるように準備しておきます。
 実はこの大会で一番大きなチームは大会競技役員というチームなのでしょうね。
 
 常勝啓光学園高等学校が第9回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会の優勝チームとなりました。
 準優勝は御所工業・実業高等学です。
 ノーシード校であったうえに、決して楽ではない組み合わせを勝ち進んでいきました。
 両チームとも「大きな」チームではありません。ボールを動かし、広い視野をもち、迅速に動きます。
 試合中、どちらのチームもよく声を掛け合っていました。
 優勝旗はこれで5年連続近畿が保持することになりました。
 
 試合終了間際から雨が落ちてきました。
 表彰式がおわるころから少しきつく振り出したようです。
 雨がひどくならない内に、迅速に片付けがはじまりました。
 勝者の部旗しか残らないこのポールから、二つの部旗が今下ろされます。
 春の若いチームでこの大会を経験できた成果は、先に生かされると信じます。
 今を盛りと咲く花は、長く厳しい冬を乗り越えています。咲くために準備する期間のほうがながいのです。
 花は咲いた時点からもう次への準備を始めています。美しく、香しく咲くのは、次の世代へとその命を繋ぐためです。
 チームも同じだと思います。
 来年の大会もきっと桜の花に囲まれた大会となることでしょう。
 また新しい花を観にきます。