HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
大会を支えるスタッフの方々。ニジローが取材&お手伝いをさせていただきました。


EVENT-20 SANIX2009ワールドラグビーユース交流大会
予選リーグ2日目
■予選リーグ2日目
 今日まではまだ4月ですが、雲一つない、抜けるように澄んだ空「五月晴れ」です。風はさわやかで、カラッとしています。気温も湿度もこれ以上になると、不快指数が発生です。
 昨日一戦を終え、動きもほぐれたチーム、疲労はまだ大丈夫(ですよね??)、二戦目の今日はどんな試合展開になるけしょうか?
 ゴールデンウイーク中と言えどもカレンダーの数字は黒、明後日から色が付いた曜日、まとまったお休みに入るという方が多いですよね。観客席は淋しい状態ですが、選手たちの調子は上向きのように思います。
 今日も10試合が展開されます。
予選リーグ2日目 予選リーグ2日目 予選リーグ2日目
お茶 普通のこと 走ります!
 いいお天気です。試合会場を移動しているだけでも喉が渇きます。
 海外チームのその手に「お茶」が。水ではなく、日本茶です。お茶は確かに美味しい!!ペットボトルのお茶も随分がんばって、その味わいもなかなかのものだと思います。奥深い「お茶」ですからその味の極みには限りがないとおもいますが、手軽に買えて、便利な身近なお茶としては十分だと思います。
 喉の渇きを潤す飲み物として、お茶をチョイスなんて、文化、食文化交流ですよね。ちょっとうれしいですね。
 9ヶ国からチームが参加しています。それぞれの国の違いを見てむるのもこの大会ならではです。国内の参加チームでも皆違いますから、国代表として参加している海外のチームを見てそれがその国の全ての特徴ととらえるのは間違いでしょうが、やはりお国柄はあると思います。
 綺麗に並べられたジャージ。アップ練習を終えた韓国の選手が、自分のジャージを纏います。こういうそのチームの普通も少し気に留めてみてみてください。
 
 ビニール袋に小分けした氷をいれた保冷バックを試合がおこなわれている間ずっと背負っていつで走れる状態でスタンバイです。
 メディカルスタッフの方のことです。
 お天気のいい今日は、氷も解けやすい。アイシング用なのに氷が冷たい水では役にたちません。
 補充用のアイシング用の氷を女性のスタッフがアイスボックスに準備をして、日のあたらない場所で待機です。氷を砕き、アイシングに適切な大きさする作業をしていたら、いつでも走り出せないですからね。試合中の選手をしつかりと見ていないと!
予選リーグ2日目 予選リーグ2日目 予選リーグ2日目
切り替え 他じゃありえない 交流会
 選手だけだはなしに、レフリーも海外から参加しています。
 ホストチームの東福岡の部員が試合をアシストしてくれています。
 このショットはハーフタイムの一瞬です。
 そしてこうした事をしたことは、何事にも支障をきたしませんでした。
 でもこの大会ならはのことで、国内の一般的な判断では考えられない行いだと思います。まず、試合が終了していない。そんなときに写真を撮って「怒られる!」です。なぜ怒られるのでしょうか?写真をとる行為ですか?違いますよね、もし怒られるとしたら、写真を撮った行為が試合に何らかのマイナスの影響を与えた場合です。
 この写真を撮影したのはほんの数秒の出来事です。
 そしてこの後、試合には何の影響もなく、レフリーも、東福岡の部員もそれぞれの担当業務に集中していました。
 写真撮りたいけど怒られるかもしれないし、でもとりたいし・・とか時間をかける。写真を撮ったことにより今後気持ちが業務に集中できなくなる。
 スイッチの切り替え、こういう事が出来ることのほうがきっと大切だと思いませんか?
 これもまた、日本じゃ考えれない!
 試合前に、整列し互いに「礼」を交わす。高校生の大会では普通のことですが、これは日本式。この日本式に順ずる選手たちをビデオ撮影するチームスタッフ。そう試合が始まる直前です。
 この試合は海外チームどうしの対戦でしたが、もう一方のチームもちゃんと整列。こういうシーンにも、この大会の10年という時を感じます。
 ここ、日本で開催されている大会。海外のチームはちゃんとこの国の文化を評し、尊んでくれているのですよね。交流大会であるからこその風景だと思います。そしてその部員たちの姿を記録したい!そう思うスタッフの気持ちもよく分かります。
 試合進行にちょっと時間食い込んでしまったけど、それだけで(大会運営スタッフの皆さんは心が広いですよね!)支障なく試合もおもなわれました。
 この大会ならではのこういう風習が育ちつつある。これも10年の成果なんでしょうね。
 夜、体育館で交流会がありました。
 20チームがそれぞれ出し物をします。何でのありです。選手たちが考えたことを披露しあいます。
 言葉によるコミュニュケーションは難しいのでトークはむりです。
 国は違えども同じ世代の「男の子」です。そうスポーツ、ラグビーをしている仲間です。歌、ダンス・・やはり盛り上がったのは、体を使った参加型の対戦もの、騎馬戦・相撲・ゲーム・・。全20チームの出し物が終了したのは21時を軽く過ぎていました。
 おつかれさまでした。