HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
Chapter-2 疲労骨折
一般的に骨折と聞いて、思い浮かぶのは、外部からの大きな衝撃で折れてしまう事を想像されると思います。しかし、骨折とは外部からの衝撃以外の原因でも起こる事があります。その骨折とは疲労骨折と呼ばれており、毎日ハードにトレーニングを続けるアスリート、細かく言えば、筋力の発達期にあり、体力がまだ不十分な16歳を中心に、特に長距離選手に多くみられます。
[What?] 疲労骨折って何?
疲労骨折とは、普段は何ともない軽度の負荷でも、同じ部位に何度も力が加わる事によって骨にひびが入ってしまう事を言います。初期段階ではX線などにもひびが写りにくく、外傷が見当たらないのが特徴です。分かりやすく例えると、金属を一度だけでなく同じ箇所に対して、何度も負荷(曲げたり)を加える事によって強度が弱まって折れてしまうという現象と同じものです。これを工学的には「疲労現象」と言い、骨折に似た症状から疲労骨折と呼ばれています。
[Cause?] 原因は?
“辛される過度なトレーニングによる骨への負担
何度も同じ動作を繰り返す事でヒビが入り、その回復が追いつかず、更に新しいヒビが増える事で最終的には大きなヒビとなり疲労骨折を発症
∝АΧ敍の柔軟性の低下
足首が硬く可動域が狭い場合など、それによって筋・腱に負担がかかり、結果、疲労骨折を発症
6變鷲埖・過度な発達
筋力不足で筋肉疲労がおきやすくなり、骨に余分な負担が繰り返しかかり、疲労骨折を発症。逆に骨強度に比べ、筋力が発達しすぎていると、筋肉の収縮活動の繰り返しによって骨が疲労し、疲労骨折を発症
た搬療な問題
足部アーチの扁平足・回内足・脛骨内反などが原因により疲労骨折を発症

Chapter-1 こむら返り

Chapter-2 疲労骨折
Section-3 疲労骨折の予防と対処VOL.3
配信予定
予防と対処-1 適切なトレーニング方法の実施
-1 適切なトレーニング方法で疲労骨折を防ぐ
疲労骨折を発生させる原因の中で、トレーニングの誤りが一番の原因とされています。トレーニングの誤りで、疲労骨折が多発するチームと、一方のチームでは誰も疲労骨折にならないとまで言われています。日々激しいトレーニングを行なっているアスリートにとって、努力をしているのに足を徐々に痛めていき、結果的には疲労骨折を発症という最悪の事態でなってしまう事を考えれば、トレーニング方法を誰もが、一度見直すべきではないのでしょうか?
-2 自分自身にあったシューズを選ぶ
日々、トレーニングを行なっていく中でトレーニングシューズというのは本当に重要なものです。重要でなければ、陸上のトップアスリートの方々が自分にあったオーダーメイドのシューズなんて、作りません。自分にあったシューズを選ぶという事によって、走りが速くなったりとパフォーマンスが向上すると同時に、足への負担も軽減されて、疲労骨折の予防、又はさまざまな障害への予防ともなるのです。
トレーニング方法について
では実際に誤ったトレーニング方法というのはどういったものなのか?まず、最初に誤ったトレーニング方法という部分に関して、そのトレーニングをしているから競技力が向上しないなどという事ではありません。ただ、日々トレーニングを行なっていく中で、毎日過度の負担がかかり続けると、小さな骨のヒビが増え続けて、最終的には疲労骨折となるのです。
【誤ったトレーニングに関して】
例えば、シーズンを前にしてこれからもっと頑張ろうと思い、体力を増やす為に毎日練習後にロードワークやダッシュなどの自主練習に励んでいる時に、それが原因で疲労骨折を発症してしまう事があります。
もう一つ例えるとすれば、レギュラー入りをする為に、先程例に上げたものと同じく、ロードワークなどをして自主練習に励むなど、その時の心理状態からすると、「レギュラー入りする為」にと足はどんどん動くかもしれません。しかし、過度な練習量を積み重ねていく事により、足に強度の負担がかかり、最終的には疲労骨折を起こしてしまい「俺はこれだけ頑張ったのに」という自分に対する、怒りがくると同時に、それまであったヤル気がなくなっていく事があるのではないでしょうか?!
今後もトレーニングを続けていくアスリートの方々に一つだけ間違ってほしくないのは、ただ闇雲に走れば結果が必ずついてくるという考えです。昔の考え方では、それによって精神力が強くなり、確かに土壇場のここぞという時には「これだけ頑張った」という精神力から最後の力が出るかもしれません。しかし、現代のトップアスリート・トップチームは自分の限界を超える(オールアウト)を日々のトレーニングで実践していく中で、そこにはしっかりとした理論があるから、結果がついてくるという事を覚えておいて下さい。
症状について
疲労骨折とは、上記でもご説明したように初期段階では気付きにくいですが、下記に掲載している症状が見られた場合は疲労骨折と疑ってください。
 ヽ綾がないにも関わらず痛みを発症
◆〇悵気覆匹鬚垢襪板砲澆ある
 明らかな腫れが認識できる
ぁ.肇譟璽縫鵐飴は痛むが、安静にしていると痛みが軽くなる

【正しいトレーニングに関して】
では実際に具体的なトレーニング方法に関してですが、これは年齢・体力などによって、さまざまです。走行距離・運動時間・運動強度などを急激に増やす事なく、しっかりと筋力トレーニングを行い、その中で徐々に運動量を増やしていく事が疲労骨折や、その他さまざまな障害の予防となるでしょう。
又、休息を上手く取り入れたりするなどして、疲労をできるだけ蓄積させない事も、アスリートして当たり前の事です。
『休む事も勇気』という言葉は本当にその通りなのです。
しかし、そんな事を気にせずに痛みがあるのにもかかわらず休息を取らずに競技を続けて悪化するとうのだけは避けて下さい。
又、日々のトレーニングメニューを考えたりすると同時に、期間を通じたスケジュールも立てましょう。この週はオフシーズンだから筋力トレーニングを2日に1回・この時はシーズン中だから…といったように、この時期までにはこうなっているという目標を立てて、日々のトレーニングに励んで下さい。そうすれば、やらされているトレーニングではなく、自分の為にやっているトレーニングに変わっていき、練習に取り組む姿勢やモチベーションにも差が出てきて、集中力も更に増していき、障害の予防にもなるはずです。
又、トレーニングや競技中に履くシューズにも注目して下さい。シューズを自分自身に合ったものに変えるだけで、競技力の向上と同時に疲労骨折などの障害も軽減できます。スポーツによって使用するシューズはそれぞれ異なりますが、デザイン面だけでシューズを選ぶ場合も多々あると思います。それによってモチベーションなども変わりますし、その気持ちは大変理解できます。ですので、そういった場合はインソールだけでも自分自身にあったものを使用するようにしましょう。インソールを変えるだけで、足の疲労度なども変わってきて、疲労骨折などの障害の予防となります。最近、インソールは徐所に注目を大きくしています。既に現在でも個々にあったオーダーメイドのインソールを使用しているトップアスリートや、トップチームは多々あります。それぐらい、インソールは大切なのです。
今回、ご説明させて頂きましたトレーニング方法などに関しては、今後実際のトレーニングメニューなども構成して、掲載していきたいと思っております。今後とも、machimado/sportsはさまざまなスポーツを応援してまいります。