HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
Chapter-1 こむら返り  【別名:医学用語】 筋クランプ
"こむら返り"は、専門的には『腓腹筋痙攣』英語では『muscle cramp』(筋肉のけいれんの意味)といいます。一般的には「(足が)攣(つ)る」と言われる症状です。スポーツ選手において、トレーニング前後、トレーニング中と、さまざまな場面で起こる症状であり、又それ(こむら返り)についての予防・対処法などを理解していない選手達が多いのではないでしょうか?
[What?] こむら返りって何?
こむら返りの発生システムは次のように考えられています。まず、筋肉の伸び縮みの動作というのは、大脳運動中枢神経系が調節して働いています。その調整・運動に対して、何らかの異常が発生し、筋肉が収縮したままま弛緩しない状態になりその状態が続く事を『こむら返り』というのです。
[Cause?] 原因は?
ここでは、原因として説明している対象としてスポーツトレーニングを日々行なっている選手にスポット(中心)を当てて、原因を掲載しております。尚、スポーツ選手以外でも同じ症状が起こるのでご注意を。
_疆戮扮親亜兵分の能力を超えた運動)、腓腹筋(ふくらはぎ)の筋肉疲労
血中酸素の不足や乳酸が蓄積し、筋肉が固く伸縮性の乏しい状態となってしまい、こむら返りを発症
▲肇譟璽縫鵐庵罎砲茲訖緤不足・ミネラルなどの電解質不足
汗が大量に出る事により、血中水分の欠如、又は電解質が不足する事によって、筋肉の収縮・弛緩の連携がうまくいかなくなり、こむら返りを発
トレーニング、又は試合前後の極度の緊張
極度の緊張によって、大脳運動中枢が興奮(異常緊張)しすぎて、本人の意思とは無関係に筋肉が収縮くいかなくなり、こむら返りを発症したまま弛緩しない状態になり、こむら返りを発症

Chapter-1 こむら返り

Chapter-2 疲労骨折
Section-3 疲労骨折の予防と対処VOL.3
配信予定
予防と対策-3 予防の為のテーピング
−1 テーピングに対する考え方
競技を行なっていく中で予防をしていても、怪我・故障などを起こす場合があり、一度怪我・故障を起こしてしまうと動きにキレがなくなり、選手自身に不安ができてきて、プレーそのものが小さくなり最終的にはプレーにも集中できず、本来の力を十分に発揮できなくなります。
テーピングは、膝関節・足関節などの障害を受けた部位をテープにより、関節の可動域を制御し、それによって心理的にも安心感を出させて、そして、怪我の予防・再発防止を目的とします。しかし、テーピングをしたからといって、油断は禁物です。
テーピングをしたからといって怪我が治る・怪我をしないといったものではなく、テーピングをする事で怪我の予防や万が一怪我をしても軽度ですませられるのです。この事をお忘れなく。
−2 テーピングの効果について
_墜旭茲鮴限する事が可能
脱臼・靭帯損傷などは、その部位が正常な範囲を超えてしまった時に起こるものです。
このようなケガを防止する為にテーピングは可動域の制限を可能とします。
▲吋によって弱くなった部位の補強が可能
ケガによって弱くなった、さまざまな関節や筋肉・靭帯などにテーピングをする事によって、その部位のケガの再発防止をする為の補強が可能です。
ケガへの不安感の軽減が可能
一度ケガをしたプレーヤーは、ケガに対する不安感を抱える事があります。しかし、その部位を補強する事で安心感が生まれ、本来のプレーをする事ができるようになります。

「こむら返り」の予防テーピングについて
通常、テーピングの使用方法としては、関節の可動域をコントロールする事を目的としていますが、今回紹介する、こむら返りの予防テーピングは筋肉や腱を圧迫し、筋肉のサポートをする為のテーピング方法です。

【準備するもの】
・セラポアテープ・キネシオテープなど(50mm) 【粘着性布伸縮包帯】
・テーピングカット用はさみ

■貼り方
【Xサポート】
【画像 
,泙此▲董璽廚鮴擇蕕此△かとから膝辺りまでの長さに調整しカットします。
⊆命燭里茲Δ棒茲卜消爾凌燭鹵罎鬟ットしておきます。下部は3センチ程度上部はつまさきを伸ばした時に、ふくらはぎの筋肉の端でカットします。
テープは下のかかとから貼っていきます。テープは下から上へと軽く引っ張りながら貼り、アキレス腱の部分を密着させて圧迫するように貼りましょう。

POINT
〆邏塙程【 曚離董璽廚猟垢気蓮△かとから膝辺りより、短めに切りましょう。下から上へと伸ばしながら貼るので、以外に長くなってしまいます。
⊆命燭里茲Δ法足首の角度はアキレス腱を伸ばした状態にして下さい。
2蕊瑤ら貼っていき最終的には上部が膝の横辺りまでくるように貼りましょう。
ぅ▲レス腱の部分をしっかりテープが密着するように押さえておきましょう。

【サポート】
【画像◆
【画像】
【画像ぁ

,泙此▲董璽廚鮴擇蕕此足底から足の甲を通して、ふくらはぎの筋肉の端辺りまで長さを調整しカットします。
足底をスタートとし、そこから足の甲へと通していきます。
Bの甲からふくらはぎの方へと巻きつけます。テープの上部はふくらはぎの筋肉の端で止める。
さ佞らも同じように貼り、左右対称にする。

POINT
テーピングはサポーターとは違い、粘着性のテープですので、激しいラグビー競技などでは剥がれてしまう時が多々あります。
ソックスをしっかりと上まで上げれば、よほどの事がない限りテープが外れる事はありませんが、少しでも剥がれるのが気になるのであれば市販のテーピング用の粘着スプレーを使用するとより粘着性が上がるでしょう。

時間がない場合などの簡易テーピング
急いで練習に向かう場合や、一人では巻けないときなどに使用して頂きたい、簡易テーピングを紹介します。但し、上部のテーピング方法よりは機能性が落ちる事を忘れずに。

【準備するもの】
・セラポアテープ・キネシオテープなど(50mm) 【粘着性布伸縮包帯】
・テーピングカット用はさみ

■貼り方
【画像ァ
足底からスタートし、引っ張りながら真っ直ぐ上部まで貼って下さい。急いでいる場合や、時間がない時などは、この方法でもこむら返りの予防は可能です。