HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
様々なスポーツに関する情報をニジロー目線でお届けします


只今、検討中
【只今、検討中】
[2008/10/27 14:50:19]
 気温が下がってきましたね!
 北海道に続き、第88回全国高等学校ラグビーフットボール大会の東北地区の代表チームが決まり始め、これから代表決定前線は加速して南下してきます。南下?は適切じゃないかな、確か来月23日、兵庫の代表が最終ですから。
 代表となっったチームから順に、「花園」全国大会に照準を替えて調整を開始されるのでしょうね。
 ニジローは寒さが苦手です。大阪、「花園」は日本列島の真ん中位に位置することになるのでしょうか?北海道より暖かく、沖縄よりは確実に寒いのは確かですが、生駒おろしが吹く風の強い日の日陰は、応えます。
 観戦中は忘れています!第一試合は、まだ朝日?!の中で、最終試合は日が傾く中で。
 その日、その時の自然環境も含め全てが「花園」。
 第88回大会、頑張るみんなの様子をさぁ〜てどうして伝えようかなぁ...。只今検討中!
 ずいぶん多くの人たちがこのサイトを見てくださるようになってきました。ありがとうございます!
 もっと、もっと「みんな」のことを伝えたいです。でもなかなか上手くいかなくて、「ごめんなさい!」
 いつも一生懸命なみんなの姿、そのみんなを支えておられる人たちを見て、ニジローも「元気」をもらっています。
 格好よく、スマートな表現が出来なくても、諦めない!!
 いつかニジローも、ニジローのトライを決めるために、前進あるのみです。
 ゴールは前にしかない!そう信じています。
 審判(誰??)ノーサイドの笛、ふかないでね!
 
 
 
スポーツの秋
【スポーツの秋】
[2008/10/10 15:26:35]
 ほんの少し前まで、今日10月10日が体育の日とされていました。今日も運動会日和です!
 運動会という学校行事を春に済ませてしまうという学校も多くなってきました。進学を配慮してのことなんでしょうか?ニジローは詳しくは解かりませんが。
 スポーツの秋はまだ通用します?
 厳しい環境の夏を越えたときのほうが、秋の実りの質が高いのは植物だけではない、人とて同じだと思います。
 神戸製鋼コベルコスティーラーズの灘浜グランドで秋休みの間練習をしている伏見工業の部員達。約2ヶ月ぶりに観る彼らは、夏の彼らとは少し違うように見えました。
 昨日も今日と同じ晴天。グランドの脇に立っていると汗ばむ陽気。そのグランドで汗を流している部員たち、からだも大きく、顔つきもなんだかキリッとしたみたい。
 A・Bチームが主体で練習が進みます。それを見つめる1年生部員たち、彼らの様子が一番変わったように感じました。
 伏見工業の部員達が練習する横のグランドでスティーラズも練習を行なっていました。
 そして日差しに夕方を感じる頃、練習を終えようとする部員たちの向こう側のグランドには数人の選手がキックやパスの自主練習を一人で寡黙に行なう姿が見えました。
 強くなりたい、上手くなりたい。勝ちたい!
 スポーツの世界では「勝者」「敗者」どちらかしかありません。
この世界に身を置く以上、それを切り離すことは出来ないでしょう。
 高校生の部員もプロの選手も取り巻く環境、条件は違うでしょうが、一人のプレーヤーとしてフィールドに立つということでは同じ厳しさを担うのでしょうね。
 だから強いと言われるプレーヤーはそれを受け止めるだけの誇りと自信に満ち溢れ、観る者に感動を与えるのでしょう。
 今この練習が、努力が自分を変えると信じて頑張って欲しいです。