HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
様々なスポーツに関する情報をニジロー目線でお届けします


ゲームメーク
【ゲームメーク】
[2008/08/27 14:49:39]
最近は、我が子の関係もあり、小学生を吹くことが増えています。今日も暑いなか、汗だくになって子どもたちは頑張っていました。小学生といえども、高学年はかなりレベルが高いです。いいかげんな笛を吹いて、頑張っている子どもたちに不信感を与えるわけにはいきません。ラグビーが面白い、試合って楽しい、そんなゲームメークができればと思います。
                        竹原 真司
兵庫レフリーソサエティーの活動報告に掲載されていました。
 machimadoのジャージを着用して、このような気持ちでフィールドに立っていただけるなんて、ニジローは感激です!

 その試合は二度とない。それはどんな試合であっても同じ。
大きな大会の決勝戦も、初めてプレーをした最初の試合があってこそ。ラグビーって面白い!ラグビーが好き!と思えた忘れられない試合が誰にでもあることでしょう。
 試合はレフリーがあって初めて成立します。
 幾度となく審判の重要性には触れてきました。
 数日前に閉会をむかえたオリンピックにおいても、審判の占める重要性を感じた競技があったことと思います。
 人の判断でしか行なえない、一瞬の、その瞬間をどのように捉え、全体をコントロールしていくのか。
 公平に、安全に、その笛に全てを担います。
 主役は選手達です。プレーをしている選手、観戦者共にストレスを感じない、ノーサイドの瞬間その場にいる全ての人たちが感動に包まれる。そういう試合。その試合が終わって初めて、そのレフリーの価値、存在が認められる。フィールドに居るのだけれど、居ない。
 兵庫の竹原レフリー、これからもそういう気持ちでフィールドを子どもたちと走ってください!
 machimadoはこれからも、こういう気持ちを応援し、広めていきます!
 来週からトップリーグが開幕します。第88回全国大会の予選会も来月から始まりだし、シースン到来です。
 この夏にラグビー、面白い!と思えた子どもたちがもっとラグビーが好きになるシーズンでありますように!
廻り来るけど、二度とない
【廻り来るけど、二度とない】
[2008/08/18 23:54:07]
 季節は廻り来るものですが、この夏が戻ることは二度とありません。
 08年夏合宿。菅平高原でチームとして、部員として、指導者として、そしてまた個人として何かを得ることが出来ましたか?
 何を得たかを本当に実感するのは、菅平を去ってからなのかもしれませんね。
 また帰りを迎える家族のほうが変化に気づくのかもしれませんね。
 ゴールラインを超える。トライをする。バスケットやサッカーのように限られたところにボールを入れなくてはいけないんじゃない。真っ直ぐに引かれた一本のゴールライン、その中ならどこにボールを置いてもトライ。このラインいっぱいにそのスペースのどこにおいてもトライの数だけのストーリーが生まれるのです。
 ボールだけをこのスペースに入れても何の意味もありません。人がその手でしっかりとボールを置かなくてはなりません。
 ゴールするその瞬間だけ、ボールを前に置いてもいいのです。
 ボールを前に投げたら駄目なんやろ、でも前に進んで行くんやんな!ラグビーって面白いな!
 入部してもうすぐ5ヶ月、ラグビーを始めてもうすぐ5ヶ月という彼。慣れない合宿で疲れもたまっていても不思議ではないはず。最終日の練習、生き生きと仲間とランパスをしている彼はラグビーを、ラグビーが出来ることを楽しんでいました。
 また来年、成長し、たくましくなった彼に会えるかな・・・。
 練習を終え、終了の挨拶をする部員たち。その上空はもう秋の空です。
 ニジローも今年の菅平高原とお別れです。お土産は沢山の部員たちとの出会いと真っ黒の日焼けです。
 
試合球
【試合球】
[2008/08/16 21:03:52]
 あれから毎日午後雨が降る菅平高原です。
 少々雨にぬれたニジローのカメラも何だか調子が良くないです。
 高校と大学の入れ替えのころとなってきました。ここでの練習と試合メニューをこなした高校チームが高原をおります。
 昨年まで母校だった高校の後輩の様子を観にいける大学生は少ないのでは?タイミングがあう大学生は恩師、後輩の様子をのぞきにいくことと思います。また、先生や後輩もうれしいことだと思います。
 雷、霧で試合中止になる場合以外、多少?!!の雨でも、えらい雨でも!出来るだけ試合経験を積みたい、積ませてやりたい思いからなかなか試合中止には成りません。
 選手はもちろんのですが、激しい雨の中タッチジャッチやボールボーイ、ウヲーターボーイもずぶぬれです。
  選手より動きがないぶんキット寒いことでしょう。
 ぬれているボールは滑りやすい!全身ビショ塗れ状態の彼達、その二人のおなかはまるで妊婦のようです。ぬれて滑らないように?
大切な試合球を守ります。
 そうですよね、こういう気持ちが選手たちに力を与えるのでしょうね!
 寒さに震えていた彼がいるチームはきっと強いことでしょう。
明日も降るのかな?
【明日も降るのかな?】
[2008/08/14 22:54:29]
 昨日、今日と午後から雨・雷。中止される試合もあります。
やっとやんだのは夕暮れ。明日もふるかなぁ〜。
 残暑厳しい下界では贅沢なことですが、雨が降ると「寒い!」んです。
 プレーをしているときはそんなこと感じない部員たちでしょうが、全身、スパイクまでグッショリ、直ちに着替えないと運動後のクールダウン??も行き過ぎてしまいます。
 お盆休みになり、試合観戦のギャラリーも多くなってきた菅平高原です。
 これからおいでの皆さん、防寒とまではいきませんが、念のため寒さ対策をご準備のうえおいでください!
 ニジロー、この第二次菅平は、番組制作取材に来ています。
大会取材ではないので毎日舞台裏観戦記は更新しませんが、また、まとめてこの密着取材の舞台裏観戦記を更新しますね。
 早朝から夕方まで、本当にラグビー。ここでは甲子園もオリンピックもなんだか異次元の世界での出来事のようです。
 練習、試合、練習、試合・・・・。また明日早朝からボールをおうのです!
極限の地?
【極限の地?】
[2008/08/11 21:23:47]
世の中、下界はそろそろ帰郷ラッシュ?お盆休みに入りますよね。
 いろんな都府県の車が増えてきた、菅平高原です。
 九州の秋季大会開催が早い都合なのでしょうか、九州のチームは高原をおりる日程がほかのチームより少しはやく、九州の注目チームと関東、関西のチームとの注目カードを観戦するには、お盆では見逃してしまいます。
 夏の経験、課題をしっかりと受け止め、実りの秋に成熟させる。今の段階で、最高の実をつけるために必要なモノを、その根から吸収する。空調から肥料まで全て完璧な環境で管理されているビニールハウスではありません。極限の条件で育てたトマトが究極のトマトだそうです。生きるために実らせる。絶やさないようにその実をつける。そしてその強い遺伝子を次の世代へと繋いでいく。
 一日ラグビー漬け、ラグビーに没頭できるここで、三度目となる三年生はそのチームの遺伝子を下級生に伝えていく事も大切だと思います。
 スポーツはカタチのない文化です。ラグビーは歴史は古いけど、毎年のようにルール改正がなされ、常に変化しているスポーツです。
 新しいことも学び、伝統も伝える。
 監督、コーチの指導陣は最高の実がなるように精魂、愛情を込めてどの部員にも接してくださることでしょう。
 そう、そしてそれは必ずしも部員本人にとって、ビニールハウスではナイ!ことでしょう。しっかりと自分の根で吸収できなくてはいけません。そうです、その実は誰のものでもないのです。自分の実なのですから。
 間もなく日没をむかえる高原で、まだ声が響いているグランドがありました。
ただいま!??
【ただいま!??】
[2008/08/09 21:18:56]
 ただいまです!暑い暑い下界を逃れて、今期二度目の菅平高原です。第一次菅平に比べて、ほんの一週間経過した高原は、暑さも少し和らいだ様に感じます。
 前回サッカー真っ盛り、まだまだサッカー!というグランド状況でしたが、今は逆転。ラグビー真っ盛りです。
 日焼けだけは超一流選手の今年はもうすでにコゲローです!
 今はいろんなチームが練習試合を毎日この広い高原のあらゆるグランドで行っています。
 一年生部員にとっては入部初菅平。中学校で来た!という部員もいるかもしれませんが、高校生として合宿の洗礼を受けることでしょう。
 一年生から三年生まで、全員が真のチームと成長できますように!寝起きを共にする、合宿。その意味を理解して、活かしてくださいね!
いろんな選手たちに
【いろんな選手たちに】
[2008/08/01 23:56:46]
 全国高等学校合同チーム大会、スキルアップキャンプ、そして高校日本代表合宿と先月23日から今日、8月1日までの第一次菅平が終わりました。
 部員が少ない、指導者がいない、でもラグビーをやりたい!そういう環境のチームから、高校のトップレベルのチームまでいろんなチームと出会えました。
 この環境で、ラグビーを教えてもらい、試合もできる!ほんとうにそのことを喜んでいた選手、またその選手を見て、引率してきてよかった!と喜んでおられた監督。
 トップゆえに、選ばれた選手としての厳しさ、求められることを果たさなければいけない義務。
 いろんな選手、人たちと出会えました。
 高校日本代表合宿は、フランスとの交流戦をとりあげて、本日の最終戦までを舞台裏奮闘期に更新していますから見てみてください。
 高原のラグビー人口も日増しに増加してきました。来週末あたりから、強豪、注目チームがここへあがって来ます。
 その様子は第二次菅平!ということで、またお伝えしますね。
 今年は2度もここへやって来ます!うらやましいでしょう!
 お陰でニジロー、すでに一皮剥けて、黒さは部員達と競えそうです。
 そうそう、今朝高原でトンボを見かけました。アキアカネ、赤とんぼです。秋が近づくと高原をこのアキアカネが群れ飛びます。
 季節、時間は過ぎているのですよね。