HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
様々なスポーツに関する情報をニジロー目線でお届けします


一番乗り
【一番乗り】
[2008/01/08 18:37:55]
サニックス2008ワールドラグビーユース交流大会の国内参加8チームの一番乗りとして、啓光学園の参加が決まりました。
 1月5日、花園ではベスト4の白熱した試合が行われていました。時を同じく、次回の88回全国大会を目指し始動している新チーム16チームの参加で、サニックス2008ワールドラグビーユース交流大会の出場権をかけた予選会の決勝が行われました。
 海外8チームと87回全国大会ベスト8の中から選出された7チーム、そして予選会優勝チームの国内8チームの16チームで4月29日から5月5日の間で国際交流大会としてサニックスグローバルアリーナで開催されます。
 ワールドカップは4年に一度、そして開催国も変わりますが、このユースの大会は毎年国内で行なわれ、次期の国際大会で活躍するであろう選手達の勇姿を無料にて観戦できる大会です。
 昨日87回全国大会が東福岡の優勝で閉会し、全国の全てのチームが新チームとしての可動を始めました。
 新しい挑戦がもう始まっています。

 
西へ
【西へ】
[2008/01/07 19:43:07]
第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会、前大会が終わり、新チームが始動したころからこの大会は、混戦の大会になるであろうと言われていました。
 試合内容も拮抗した試合も多く、ノーシード校の活躍も記憶に残る試合内容であったと思います。
 そのなかにおいて、今日の舞台に立った「東福岡」「伏見工業」は総合力でこの花園の大会を勝ち上がるに相応しいチームであったのでしょう。
 曇天から、小雨が降る決勝の日となりました。いつも試合を左右する「生駒風」がなりをひそめている中、伏見のキックで試合がはじまりました。
 優勝旗を手に出来るのは、1チームです。1月7日、今日「花園」で仲間と最終の試合が出来る喜びと、この仲間で勝利し高校生活最後の試合を終えるために、選手達はボールを追い、ゴールを目指しました。
 勝者は「東福岡」、長らく関西から動かなかった優勝旗が下関を渡り、九州へ。
 そして、ノーサイドの瞬間から、「東福岡」は全国の頂点に立ったチームとして、追うチームから、追われるチームになりました。
 
準決勝
【準決勝】
[2008/01/05 18:46:33]
本日、準決勝が終了しました。
一言で言えば、どちらが勝ってもおかしくないという一言です。
第1試合の桐蔭学園VS東福岡に関しては、春の選抜大会で15−14の1点差で桐蔭学園が勝利していたので、東福岡のリベンジという気持ちは本当に大きかったでしょう。
桐蔭学園も去年、この準決勝で仰星に敗退したので、絶対に決勝の舞台に立つという気持ちは本当に大きかったと思います。
第二試合の伏見工VS長崎北陽台に関しては、去年全国の舞台を踏む事ができず、優勝旗を返還した選手達なので、必ず俺達がまた優勝旗を掴むという気持ちだったでしょう。
長崎北陽台は第85回大会において、準々決勝で伏見工と対戦しロスタイムに逆転され、この花園の地を去ったので、リベンジという気持ちで戦ったでしょう。
結果は東福岡と伏見工が決勝戦に進みましたが、4校とも本当に素晴らしい戦いをしてくれたと思います。
今日もまたどこかで、この選手達の熱い姿を見て、勇気と感動を与えてもらった人は多いのではないでしょうか?
決勝戦もまた熱い試合をしてくれると思います。
優勝旗はどちらが手にするのでしょうか?
皆さんも7日の日を楽しみに待ちましょう。

【第80回から今までの成績】
■東福岡  準優勝3回   
■伏見工業 優勝 2回
準々決勝
【準々決勝】
[2008/01/03 18:41:21]
本日は準々決勝の試合が行なわれました。
 この日は全国高校ラグビーの大会期間中にもっとも観客動員数が多い日です。観客席はほぼ、8割以上が埋まった状態でした。
 ベスト8に勝ち残ったチームがぶつかり合う、この試合はとても見応えがあり、試合内容もとても白熱する試合で、観客席から何度も歓声が沸きあがってました。
 そして、試合をする選手達にとっては、体のあちこちに疲労が溜まり、一番しんどい時期ではないでしょうか?!
準決勝まで行けば、後は気持ちでなんとかなりますが、この3日の試合というのは、本当に体にムチを打って望んだ試合なのだろうと見ている、こちらも感じました。

試合の内容としては、4試合ともどっちが勝っていても、おかしくない試合でした。ボールがあっちに転がっていれば…あと2分あれば…など本当にチーム力は僅差でした。
その中で、勝ち上がってきたチームというのは、勝ちたい気持ち相手よりほんの少し上回っていたのではないのでしょうか?!
それだけ、本当にどのチームも素晴らしかったという事です。
この試合でどれだけの人が感動し、どれだけの人が勇気をもらったのでしょう。
次の準決勝に残った4チームの選手の皆様には、高校生活最高の舞台を最高の状態で望めるように、明日を過ごしてもらいたいと思います。
次の準決勝もまた感動を与えてくれる試合をしてくれるはずです。
5日の日を楽しみに待つ事にします。

ベスト8
【ベスト8】
[2008/01/01 18:44:34]
 08年、新年を迎えました。
 大会は三回戦、16チームで4試合が行われました。
 今日を勝ち抜くとベスト8。この先は「花園」第一グランドで全試合が行われます。正月は花園で!が高校ラグビー関係者には目標です。ベスト16に入ること、そして3・5日を越え、7日決勝の舞台に立つこと。7日正月、松の内。でも、選手、監督、コーチ陣にとってのこの先の日々は、お祝いムードとは無縁です。
 このチームで一回でも多く試合をしたい!もう一回この仲間ともっとやれるはず、最高のゲームがしたい!その先に勝利がついて来る。だから、観ている人たちも、どっちのチームも「頑張れ!!」素晴らしいプレーに拍手を送るのだと思います。勝たないといけない!では、なんだか観ていても苦しそうに感じてしまうのではないでしょうか?
 今日を勝ち抜き残り3試合を行える権利を手にしたベスト8のチーム、3日の組み合わせは
 第一試合10:30
 流経大柏vs桐蔭
 第二試合11:50
 長崎北陽台vs天理
 第三試合13:10
 東福岡vs佐賀工
 第四試合14:30
 伏見工vs尾道       です。