HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
様々なスポーツに関する情報をニジロー目線でお届けします


07/11/26兵庫予選決勝
【07/11/26兵庫予選決勝】
[2007/11/26 13:36:18]
 ボールを持っている競技者にコンタクトをしてよい。という球技はラグビーだけ!?ではないでしょうか。アメリカンフットボールはボールを持たない競技者にもコンタクトが認められていますが、全身防具装着ですよね。危険を伴うスポーツにおいて、ゲームメイクをし、ただのボールを奪い合う乱闘ではなく精神を伴うスポーツにするためのレフリーの存在は重要です。
 公平に、安全に。スポーツがスポーツであるためには絶対に必要なのが審判、レフリーです。
 子供達をはじめとし、競技者により良い競技環境を!!
その活動の一環として、兵庫レフリー協会の活動をmachimadoは支援しています。
 23日に行われた第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会兵庫予選決勝でmachimadoレフリージャージを着用していただくことになり、ニジローはその取材にいきました。
 その取材様子は、動画で12月初旬にアップします。そして
http://www.machimado.com/hyogo-referee/
 「兵庫レフリーソサエティー」においては、活動などの報告もあげられますのでこちらもご覧ください。

 兵庫決勝は同点両校優勝!!で観応えある試合でした。でも兵庫から全国大会に出場できる枠は「ひとつ」。優勝の表彰後、グランドで代表を決める抽選がおこなわれました。

 ノーサイド、共にプレーをした仲間として互いに健闘を称え合う。  これで本来は終わりです。でも大会に参加するにおいては大会規定に沿う決まりがあるのです。それを承知で参加する。

 抽選の結果、歓喜に沸くチームとその場で泣き崩れるチーム。
 兵庫代表チームは、共に決勝を戦った仲間の思いを背負い全国の舞台に挑むことと思います。
【07/11/21俺たちの記録】
[2007/11/21 15:24:59]
 明後日23日で、第87回全国高校大会の地区代表がすべて出揃います。9月29日に北の大地の代表が決まり約2ヶ月が経過しました。
 既にジャージを後輩に繋いだ選手、年明けの7日の決勝の舞台に立つ全国から登りつめた2校の選手達。その記録は共に永遠に尊いものだと思います。
 試合は筋書きのないドラマ。試合の数だけ選手の数だけストーリー・感動があると思います。
 地区予選試合も、本戦の試合も同じ。そこには、「君の確かな記録」があるはずです。
 大勢の選手の、君の記録を紹介したい、頑張った!!を見つめたい!でも全ての試合をニジローが観戦してその感動を伝えることは不可能です。
 そこで考えました!感動の記録を投稿してもらって、多くの人に伝えよう!と。
 強豪と称されるチームも合同チームも、「俺たちの記録」に優劣の差はありません。
 投稿の詳細はTOPページに記載しています。
 あの時の感動をお待ちしています!!