大会概要 競技方法 予選リーグ 決勝リーグ フォトギャラリー 舞台裏奮闘記 過去の大会

(財)日本ラグビーフットボール協会
(財)全国高等学校体育連盟ラグビー専門部
関東ラグビーフットボール協会
(財)全国高等学校体育連盟
夕張市
夕張市教育委員会
北海道放送株式会社(HBC)
株式会社毎日放送(MBS)
北海道新聞
毎日新聞社(予定)
神戸製鋼グループ
ロート製薬株式会社
(1)青少年の健全育成に寄与するともに、
 ラグビーフットボールの普及と競技力の向上を目指す。
(2)全国9ブロックより選抜されたU17代表選手による高レベルの試合を通して、
 ラグビーフットボール競技に必要な基礎体力・技能・知識等、選手の資質向上を
 図る。
(3)部員不足の学校の生徒で構成するU18ブロック代表を編成し、
 競技することによりラグビーの普及を図る。
平成19年7月20日(金)21日(土)22日(日)23日(月)
夕張市平和運動公園ラグビー場
(財)日本ラグビーフットボール協会制定の平成17年度競技規則による。
(1)予選・決勝とも、リーグ戦により優勝を決定する。
(2)試合時間はU18チームは1試合15分ハーフ、U17チームは1試合20分ハーフとする。また、1日の試合数は1チーム3試合以内とする。
(3)試合組合せは大会実行委員会において抽選で決定する。
(1)参加選手は(財)日本ラグビーフットボール協会に登録していること。
(2)参加チームは高等学校等に在籍する生徒で構成する。
(3)U17チームは開催年度の4月2日現在で、17歳未満であること。
   U18チームは開催年度の4月2日現在で、18歳未満であること。
   U18チームにU17の選手が参加することはできる。
(4)各ブロックで参加が認められた者。
(5)(財)日本ラグビーフットボール協会の「日本協会選手・役員規定」
 に違反する者は参加できない。
(6)その他、参加資格に疑義がある場合は大会実行委員会で裁定する。
決勝リーグの1位を表彰する。


各ブロックでU17・U18それぞれ1チームを選抜する。なお、ブロックは以下の通りとする。

北海道 東北 北信越 関東
東海   近畿  中国  四国 九州
(1)参加資格を偽った者、参加資格の無い者が参加した場合は、規律委員会で
 制定する。
(2)その他スポーツマンシップに反する行為があった場合は前項に準ずる。