HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
大会を支えるスタッフの方々。ニジローが取材&お手伝いをさせていただきました。


EVENT-25 第89回全国高等学校ラグビーフットボール大会
準決勝
■準決勝
 昨夜雨が降り、かみなりも。その後風が強く吹いていました。
 試合が複数会場で行われる場合は、その移動に動きます。そう時間分刻みで出来るだけ早く移動したいので、気持ちも焦っています。二回戦も寒い日でした。サングラスを外すと目が冷たい!と感じました。でも会場はしごで動いていたので、動いて温かくなるときがありました。
 今日は準決勝の二試合が第一グランドであります。
 そう、焦ってはしごする必要なし!です。防寒万全!自身を持って会場へ。会場へむかう歩道を歩いているとき、後ろから強い風にからだが押される感じでした。
 雨こそ降っていませんが、嵐のような風が時折吹き付けます。この風が試合に影響するでしょうか?
 今日の4チームの半分、2チームは勝てば初の決勝進出となります。新風となるでしょうか。
準決勝 準決勝 準決勝
君達の大会 温まってから 今更ですみませんが
 この花園、全国高校大会の期間内に、ジュニア、中学生の大会が開催されています。昨年末、二日間で終わっていますが、参加した選手たちに「花園」はしっかりと軌跡を残したことでしょう。
 この時期に、同じ会場で行われる大会。この二つの大会に参加している選手達の年代が2019年のワールドカップでの中心的選手となるのです。中学生の選手たちが、高校でまたきっとここへ帰ってくる。「花園」にもう一度立つ!そういう想いがワールドカップを盛大な大会にするのだと信じます。
 中学、高校の選手達のこの先がワールドカップへと確実につながっていく。そう、未来の大会ですが、君達の大会なんですよ!
 今日の試合は午後、13時からの開始となります。
 試合前に食事を。温かいものを食べてあったまってから、スタンドへと。
 朝から夕方近くまで試合が行われる日は、スタンドで食事をしながら観戦をされる方も多く見られます。
 でも今日は二試合だけです。食事は済ませて、試合に集中!ですよね。
 風が強くでも、日差しが頑張ってくれたらと思いますが、今日はあまり期待できないようです。
 試合が始まりだすと、ハーフタイム、ノーサイドまで寒さは忘れてしまっていますが、今なかなかここから出て行けないニジローです・・・・。
 1・2回戦で使用された第二グランドです。
 スタンド席とグランドのこの距離感!ちょっと他にはないと思います。
 席が少ないのでゴール裏も沢山の観戦者で埋まります。
 このグランドにおいては、やはり中央付近の最前列の席がベストだと思います。チームベンチもこの距離ですから、リザーブの選手も目の前です。
 もう今回はここでの試合はありませんので、来年の大会、好カードのときはお早い目に席をおさえて観戦ください。
 こんなに観客が近いところで試合をする選手たちは、どんな感じなんでしょう?集中しているから、気にもならないのかな。
準決勝 準決勝 準決勝
正確に、早く 結団式 続けるほど好きになる?
 いつもは複数試合が行われるため、補助役員として大会運営をささえてくれている彼らは交代制のようですが、今日の二試合は同じ彼らが担当のようです。
 一試合が終了。会場で三位授与式が行われているとき、気づいた事があったのか?確認なのか?上級生らしき彼が次の試合での要点を話しているようです。後輩?らしき彼がうなずいていました。
 トライ時誰のトライかをトランシーバーで記録本部に伝える係りの彼らは、ゴール裏で、いつも試合に集中。トライの瞬間を見逃してはいけません。分かりにくい密集の場合もあります。結果はすぐさまアナウンスで流れます。すごいです。ありがとう、ご苦労様です。
 第二回U18合同チーム東西対抗戦が、明後日全国大会決勝戦の前に行われます。
 この東西チームの結団式が今日この花園のスタジアムの一室でおこなわれました。
 彼らは夏、菅平で行われた、合同チーム大会において選考された選手達です。
 今日ここで、今生まれたチームなんです。
 メンバーたちは初めて顔を会わせます。
 部員不足で単独チームとして試合ができないという環境でラグビーをしている彼らです。合同でチームを創ることは初めてではありません。でも、今日あって、明後日試合に望むという経験は初めてでしょう。
 大きな荷物をかかえて、この花園に集合した選手たち。そのバックには大きな期待と少しの不安が詰められていることでしょう。
 この結団式の前に、選手たちは、全国大会準決勝戦を観戦しました。
 この「花園」をどのように感じたのでしょう?今日は観る側でしたが、明後日は自分がフィールドに立ち、プレーをするのです。
スタンドから見下ろしたフィールドは大きかった?小さかった?
 目の前のゴールはいつもとかわりません。同じです。自分で掴んだ「花園」です。最高の花園にしてください。
 この「花園」は近鉄ライナーズの本拠地、ベースグランドです。
 バックスタンドの下にはチームのボックスがあります。
 ラグビーはシーズン真っ盛り。中学生は年末に、そして高校生の大会は明後日、7日終わりますが、大学、トップリーグ、日本選手権とまだ続きます。
 近鉄の選手たちも練習をしなければ!
 高校の試合が終わってから、近鉄の選手たちの練習が始まります。
 中学生をみて、高校生を見たら、凄いな!と感じます。そしてその日本一を競う高校生たちを今見ていたのに、練習をする近鉄の選手達の様子、雰囲気をみていたら、やっぱり凄い!そう感じます。中学生が高校生になり、大学や、社会人でラグビーを続けていく。同じ競技です。体格の成長から感じる違いなんでしょうけど。ルールは競技時間などの多少違いはありますが、同じ競技なんですよね。年齢が上がるに伴って、ボールをゴールまで運ぶ競技というよりも、ボールを戦うことによってゴールする!て感じです。
 そしてどんどんもっとラグビーが好きになっていくくのでしょうね。大きな男達がボールを追っています。