HOME CHANNEL 試合観戦記 舞台裏奮闘記 ニジローコラム OUR POLICY お問い合わせ
大会を支えるスタッフの方々。ニジローが取材&お手伝いをさせていただきました。


EVENT-24 スキルアップキャンプ2009
Skill up Camp IN菅平 2009
■Skill up Camp IN菅平 2009
 High School Rugby Skill up Camp IN 菅平 2009
 10年後、この国でラグビーの世界大会が開催されます。アジア圏で初めて開催される大会です。
 このキャンプは参加する全ての人が自分のスキル、能力を向上させるためのキャンプです。
 参加するチームの選手、指導者はもちろんのこと、グランドコーチ、スポットコーチ、そしてチームコーチとして運営側として参加する立場のひとたちもその立場で能力を向上させる機会です。
 ラグビー人口を、ファンを増やす。今ラギビーを取り巻く環境は決して恵まれているとはいえません。ラグビーに限らず、スポーツをとりまく環境は厳しいといえると思います。
 厳しい時勢であるときこそ、「感動」などの人の内側の部分が大切だと思います。
 このキャンプに参加した選手が「ラグビーをもっとやりたい。楽しい!」と思えたら、その想いはこれから先成長して、仲間をつくり、10年後の「ワールドカップ」へと繋がることでしょう。
 このキャンプは高校生対象ですが、未来のラグビーの成長へ繋がるスキルアップキャンプです。
Skill up Camp IN菅平 2009 Skill up Camp IN菅平 2009 Skill up Camp IN菅平 2009
開講式 大切なスキル 経験を重ねて
 グランドに雨の用具を使う心配をしないでいたのは、今日が始めてでした。
 久しぶりの力強い日差しの中で、開講式がおこなわれました。
 ラグビー三昧の二泊三日が始まります。
 コーチ陣に何でも聞いてこの三日間を積極的に、有効にすごしてください。
 一つのボールに自分がどう働きかけるか。自分がこのキャンプをどういうキャンプにするのか。してもらうのじゃありせん。何をすべきかは自分なのです。
 最終日、もっとラグビーやりたい!!てなってくださいね。
 開校式でチームコーチの紹介がありました。
 開校式終了後、担当コーチとチーム、選手たちが初めて面します。
 お見合いです。ラグビーと通してまた一つの新しい出会いです。
 この、今始まった出会いが、大きな出会いになるキャンプにしたくださいね。選手・指導者の先生方・そしてコーチ、このどれが欠けてもいけません。
 団体競技はコミュニケーションが重要な鍵です。団体競技人数No1の15人のラグビーです。人が多くなればなるほど「一つ」にまとまることも簡単ではなくなっていきます。
 こういう能力も大切なスキルです。コーチからしっかりと習得してくださいね。
 4月に入部した選手にとっては、たぶん初めての合宿??試合の補助として、タッチジャッジ、ボールボーイなどを試合を行うチームからだします。試合に先輩がでているのでしょう。
 多分一年生と思われる彼らが試合のサポーツ役に。
 ?・?・?・・・・!!!初体験のようです。そうこのキャンプでは、初めてを沢山経験して、はじめてをなくして帰ってくださいね。
Skill up Camp IN菅平 2009 Skill up Camp IN菅平 2009 Skill up Camp IN菅平 2009
高校生 結構な重さ 講習会
 開校式が行われたメイングランドで、高校日本代表チームのセレクションマッチがおこなわれました。
 自分たちと同じ高校生、世界と戦っていくというステージに立っている仲間たちです。
 キャンプに参加しているチームの試合時間と、このセレクションマッチの時間が重なっているチームは観戦することはできませんでしたが、自分たちの「代表」とされる彼らの試合を「観る」ことで、いろんな事をかんじれたことでしょう。そう、同じラグビーをしている、同世代の仲間です。「もっと上手くなりたい!」自分のイメージするプレーがしたい!想いは同じだと思います。ただ、彼らはいろんなことが、より厳しい場所でラグビーをしているのです。そしてその分喜びも多い場所だということです。
 今よりもう少し背伸びをしてください。そして今より少しでも喜びを得ることが出来るようになってください。このキャンプで。
 各試合グランドの最終試合をしたチームがグランドの片付けをします。
 芝のグランドでの試合でしたが、雨のために、足場がよくないグランド環境でした。
 ぬかるむところまではいきませんでしたが、かなり疲れる環境だと思います。
 収納倉庫の一番遠く離れた反対側のフラッグ収集が彼の担当のようでした。
 纏まるとこのフラッグって結構「効いて」きます。
  両手いっぱいになる担当エリアのフラッグを抱え収納してくれました。
 試合が終わったとで疲れちゃったね。ありがとう、ご苦労さまです。
 昼間は体を動かしでスキルアップ。そして、夜は頭の中のスキルアップです。
 「タックル」についての講習が17時からありました。
 グランドから宿舎に戻り、着替えや食事??を済ませ、そして講習会の会場となっている「リゾートセンタ」まで行かなくてはいけません。
 グランドから宿舎が遠い、又は宿舎 からリゾーチセンター遠い。どちらも?またしも、どちらか・・。
 宿舎からバスで送迎という学校もありました。
 コンタクトが必須うの競技です。タックル=ラグビーといっても過言でもないと思います。この講習で聞いたことは、明日の練習で確認しよう!
 1/4日が終了します。