最近の記事

バックナンバー
【おめでとうございます。】

おめでとうございます。
 トピックでお知らせさせていただきました通り、王キョンムン君が高校日本代表候補メンバーに選ばれました。三重県から1名、東海地区からは3名が選ばれました。
 また、26日(金)〜28日(日)の日程で東海ブロックトレセンが鈴鹿のホンダアクティブランドで行われ、朝明から12選手が三重県代表として参加しました。
 この合宿では、東海ブロックの代表セレクションと強化を目的に
各県20名の選手が強化練習とセレクションマッチに参加しました。セレマッチは、東海ジュニアカップと呼ばれる各県対抗のリーグ戦を行いました。朝明を中心に四日市農芸、四日市工業、木本の選手で編成される三重県U17チームは岐阜、静岡に快勝するも愛知に1トライ差で惜敗し、2位という結果でした。
 セレマッチの結果、朝明から6名(諸岡君、大石君、木藤古君、王スヨン君、金ヨンギュン君、難波君)がU17東海代表メンバー(22名)に選ばれ、7月のU17全国ブロック大会に出場します。更に強化して東海の代表として勇敢に戦って欲しいものです。

 今回選ばれた7名の選手達、よく頑張りました。おめでとうございます。立派なプレーはもちろんですが、グランド内外で代表選手にふさわしい品格ある行動を期待しています。
【Motivation!】

 昨日と今日は、みっちりミーティングでした。その後、決意を新たにグランドで練習を開始してみると、いつもと違う雰囲気を感じることが・・・
 
 野球部のモチベーションがいつもよりかなり高い!部長、監督はもちろん選手たちの声もいつもよりボリューム大でした。
 というのも本日は、夏の高校野球三重県大会の抽選日でした。本校野球部は7月18日に四日市四郷高校(霞ヶ浦球場)と対戦します。四郷高校とは、今年のチームがスタートして公式戦3回目の対戦らしいです。過去2敗ですが、最後の大会にリベンジして欲しいと思います。もちろんラグビー部は全員で応援に行かせて頂きます。試合はともかく応援は、コールド勝ちを目指します。

 もう一つ、グランドの東にレスリング場が完成しました。本日、その初練習が行われました。新築のレスリング場から聞き慣れない練習の声がグランドにもれ伝わってきました。さすが格闘技!かなり激しい男達の声、声、声・・・!

 我がラグビー部も東海総体の反省を胸に、新たなスタートを切りました。校内のあちらこちらから熱のこもった声が響いてくるととても大きなエネルギーをもらうことが出来ます。野球部、レスリング部に負けないようなエネルギーを学校全体に伝えられるように残された期間を部員全員激熱で行きたいと思います。

 
【選手宣誓】

選手宣誓
 東海総体は、高光キャプテンの「One for all,all for oneの精神でノーサイドの瞬間まで戦い抜くことを誓います。」という選手宣誓で開会しました。この大会の決勝戦、ノーサイドの瞬間を選手たちはどんな気持ちで迎えることが出来たでしょうか。

 本校は決勝戦で西陵高校さんに沢山の宿題を頂きました。この結果は、絶対に偶然ではありません。もしかするとグランドでのラグビーの技術や体力を反省しても宿題の答えは見つけ出せないかも知れません。

 今、自分達の目には見えないどこか深いところに答えはあるのかもしれませんし、案外簡単に見つかるかもしれません。見える人には、簡単に見えているに違いありません。

 でも、全員が本気で探さないと最後まで答えは見つけ出せないかもしれません。

 明日からの練習が楽しみです。高光キャプテンと藤田バイスキャプテンの人間力の見せ所です。全面的サポートを約束します。

 One for all, all for one! この言葉は、とても重いです。

 家族の皆さん彼らを見守ってあげてください。私も見守ります。
【メディカルサポート】

メディカルサポート
 昨日の練習中に日代山選手の右手薬指の第2関節が脱臼するアクシデントがありました。指の脱臼は時々あることなので監督やコーチがその場で整復してテーピングで固定してそのまま練習や試合に戻ることが普通です。しかし日代山選手の場合は、力が入りすぎてなかなか整復できませんでした。

 「こんなもんは手羽先食べる時に骨ばらす感覚ではめたら一発や!」
ってな感じでリラックスさせて一瞬で戻すわけですが、昨日の日代山選手は、力んでいつも通りに関節が動きませんでした。

 その時、三聖の前田先生の治療を思い出しました。

「怪我の痛みより更に強い痛みを別の所に感じさせると、怪我の痛みを忘れる。」

 そうだ!と思い、日代山選手の頭をヘッドキャップの上からグーで思いっきり殴ってみました。

 「いたっ!」という言葉の瞬間に指の力みが緩んで「ぽこっ!」
と見事に指がもと通りに整復されました。心配して集まった選手達から歓声と笑いが・・!

 その後、日代山選手はテープで固定して練習に復帰しました。
 
 さすがです・・・。前田先生ありがとうございました。

 監督として、選手の怪我に対する、とっさの対応に更に自信を深める、いい経験が出来ました。もう安心です。

 安全と健康第一ですが、いざという時のメディカルサポートもばっちりです。選手の皆さん安心して思いっきりプレーしてください。
【恵みの雨】

恵みの雨
 天気予報に反して昨日午後に突然の雷雨が・・・
降り出しは、恵みの雨に喜んでいましたが、夕立の様な雷雨がいつまでたってもやまず、「降りすぎも問題や! これ以上の雨は練習に影響する・・」

 2面あるラグビー場を眺めながら、芝生のグランドには恵みの雨、その隣の土のグランドは放課後の練習に差し支える迷惑な雨、この両極端な感覚を初めて味わいました。
 結局、夕方にはドロドロの土のグランドで練習をしましたが、雷の光と音にビビッて早々に撤退しました。

こんな日もあります。

 今日は、晴天です。気持ちよく練習に集中します。しかも水撒きも必要ありません。その代わり、昨日の練習で、でこぼこになった土のグランドの整地をしましょうか。(アコードインスパイア号の出番です)

 追伸  所々茶色く変色していた芝生も新しい緑色の芽が出て復活しています。今の所、ほとんどの苗は元気です。
【最近】

最近
 この一週間、毎日芝生に始まって芝生に終わる。水撒きに始まって水撒きに終わる。
枯れそうで枯れない、しかし元気が無いし茶色い!
こんな現実と向き合い、時間に余裕がある時は、すべて前かがみで歩きながらグランドの芝生を眺めて、触って、水を撒く。そのうち猫背になりそうです。雨の予報は次の日曜日までなし・・・
 手あれも始まってきました。この時期にニベアハンドクリームをぬっています。この状態はいったいいつまで続くのでしょうか?終わりのない旅に出たようです。それもこれも愛するラグビー場のためです。頑張りましょう。一面緑の絨毯を夢見て。

 さてこの度、鈴鹿スポーツガーデンからアルミ製の立派なポールを譲り受けて新たに設置して頂きました。これで常時2面のラグビー場が完成しました。立派な環境に負けない立派なチームになりましょう。

昨日は、大阪遠征(近畿大学)をさせて頂ました。御所実業高校、大阪桐蔭高校、東海大学仰星高校と試合をさせていただきました。東海大会前にいい反省が出来ましたし、全国の強豪チームにたくさん勉強させて頂きました。お世話になったチーム関係者の皆さんありがとうございました。

 今週末には、地元三重県開催の東海総体に出場します。8年連続9回目の出場です。しっかり準備して、いいチャレンジでいい結果を勝ち取りたいと思います。そのためにも今週の練習が大切です。皆さんコンディション管理をお願いしますよ。

 今日は、練習の最後に1年生中心の紅白戦を行いました。みんな4月にラグビーを始めたとは思えないくらい成長していました。びっくりです。ウエイトの測定結果もみんな大きくレベルアップしてました。
 この調子で行きましょう。よく頑張りました。
【うちのトレーナー】

うちのトレーナー
 今日は三聖の日でした。
 毎週木曜日14:00〜 三聖整骨院の前田先生(朝明高校のコンディショニング&メディカルトレーナー)が選手のコンディションチェックに来てくれます。もちろん公式戦もほぼ全試合チームに帯同して頂いて、怪我を抱える選手のケアに勤めていただいたり、試合後のリカバリーでお世話になっています。怪我人は、普段も通院して酸素カプセルや針治療も受けています。大変ありがたいです。
 前田先生の治療は、抱えている怪我の痛みより遥かに痛いです。激痛です。時々、あまりの治療の痛さに自分の怪我の痛みを忘れます。私は、男ですが「陣痛もこんな感じかなー?」と思うときがあります。(女性の方々にしかられますが・・・)普段は強力にお尻のつぼや内腿のつぼを指圧攻撃されるわけですが、先生の指のコンディションによっては、石の棒でつぼを押されたりすりこ木の小さい棒で攻撃されたりします。気がつくと先生の両足が床から浮いていたりします。つまり全体重が1本の棒にかかっているのです。選手は叫びまくっています。周りの人間は、激痛に叫びまくる選手を笑って見ています。明日はわが身ならぬ、次はわが身であることを忘れて・・・
 前田先生は、いつも全力、全体重を使って汗だくで選手全員の身体をケアしてくれます。こんなに激しく痛い治療ですし、強制的に治療を受けるわけではないのに何故か毎週治療を受けてしまいます。本当に不思議です。
今では治療の時に感じる痛みで自分の身体のコンディションがわかるようになりました。調子がいい時は痛みが少ないのです。ちなみに、今日の治療は、まあまあ痛かったです。原因は芝生の水撒き(高圧ポンプ使用)で身体が疲労気味です。

 時々、前田先生の治療の真似をして自分達でつぼの押し合いをしますが、みんなは、これを「三聖ごっこ」と呼んでいます。出来るだけ痛くしようと必死になります。人間は皆正直です。やられたことは、やり返したくなるのです。健康と円満な人間関係の維持の為にも三聖ごっこのやりすぎには、くれぐれも注意しましょう。

 前田先生、いつもありがとうございます。東海総体もよろしくお願いします。


【雨】

雨
 待望の雨が降りました。これまでの人生で、「晴れてくれ!」と思ったことはあっても「雨降ってくれ!」と思うことはありませんでしたが、今週ほど雨に期待する毎日はありませんでした。
 それもこれも芝生のためです。日曜日の植え付け後晴天続きで植えた芝生の苗がことごとくしなしなになっていました。必死で水撒きをしましたが、面積が広すぎて一度に撒ききれません。スプリンクラー装置やホースを新たに買ってきて使っても砂漠に水を撒いているようでした。「枯れてしまうかも」という心配でマネージャーや怪我人は練習中のほとんどを枯れかけの苗のチェックや水撒きに費やしました。お疲れ様でした。
 しかしこの雨で一気に全ての苗が復活しました。根が付くまでの数日間が勝負でした。今日の恵みの雨で一安心です。
 日に日に芝生への愛情とこだわりの意識がチーム全体に生まれてきました。こうなったら最高のグランドを自分達で作ってみようと決断しました。土曜日は肥料を撒きます。これも立派な情操教育の一つですね。

 追伸 花園の芝生も元気です。小西君が毎日水係りをしてくれています。(写真は花園の芝です)
【芝生植え付け】

芝生植え付け
 朝早くからたくさんの方々にお集まり頂いて、2万株のポット苗を10000屬離薀哀咫湿譴某△付けました。晴天の中、皆さんのご協力のお陰で順調に植えることができました。ありがとうございました。今後、約3ヶ月間の養生期間をおいて8月後半には1面緑のラグビー場が完成の予定です。
 今後のポイントは、水撒きです。この作業が予想以上に大変になりそうな予感です。とにかく広いんです。しかし今回の芝生化プロジェクトのためにお世話頂いたたくさんの方々と楽しみにしている全校生徒諸君やラグビースクールのちびっ子の為にも失敗は許されません。大切に愛情を込めてみんなで育成しましょう。
 お世話になったたくさんの方々本当にありがとうございました。
【工事】

工事
 本日ポールの移設工事が行われました。ミサキ建設の社長である荻野先輩に昨日の測量と工事の2日間お世話になりました。
 荻野先輩は、平成4年入学のラグビー部1期生です。今回の芝生化の準備段階で突然の監督からの協力要請に仕事のスケジュールを変更して昨日から母校のために協力していただきました。無事に芝生化されるグランドのポールは移設されました。ありがとうございました。

 「まさか俺らが高校生の時に自分のラグビー部がこんなことになるなんて考えたことも無かったですねー!」
 「ほんまやなー、鉄棒の前で細々と少ない人数で練習しとったなー」
 「それが今やラグビー場2面ですよ。芝生なんて、ありえませんわ。」
 「ほんまやなー」「ありがたいはなしやで!」
 二人でグランドを歩きながらこんな会話をしてました。

 彼は、その当時は、なかなかのやんちゃでした。ラグビーもやんちゃも一生懸命な高校生でした。○慎処分も数回!彼の家には何度も何度も家庭訪問させていただきました。
 彼のお父さんは、土建業界では有名な方で見た目も行動も強烈でした。ラグビー同好会を立ち上げた直後から一番熱心に応援していただきました。現在の父母会立ち上げの発起人にもなっていただいて、当時の部員の家庭一軒一軒に活動理解と協力を要請する電話を直接かけていただいたり、食事会や新人歓迎会のバーベキューも荻野父の発案です。 入学間もない頃、荻野先輩が練習で擦り傷を作って家に帰って「運動場に石が多いから擦りむいた」と説明しただけで、次の朝突然学校に10トンの砂を積んだ大型ダンプ3台が現れました。学校関係者は誰も知らなかったのでびっくりしましたが、お父さんが息子の擦り傷を心配して砂30トンを寄付してくれました。部員がまだ7人程度だったので平らにスコップで撒くのに1週間かかりました。

 「お前ら、身体弱すぎや!ダンプのタイヤでも押せ!」荻野先輩に話したら、次の日にダンプに山積みになった古タイヤが届きました。今も使っている、あのタイヤです。

 「先生のこと気に入った。息子のこと殺さん限り何してもらってもええから卒業まで面倒見たってくれ。息子は先生に任した。」
 「わかりました。がんばります。」
 
 ある日の、この会話からお父さんは、私に突然厳しくなりました。
 保護者会で担任の先生が成績表を渡すと、その後私を呼び出して「先生に預けてあるのになんやこの成績は!もっとちゃんと面倒見てくれ!土木関係の専門学校へ進学できへんやろ!」息子の成績が悪いのは私の責任になりました。
 やんちゃが過ぎて○慎になったときも普通は保護者が学校に呼び出されて頭を下げることが多いですが、「先生、どついても何してもええって言ってあるのに管理が甘いやないか!もっとしっかり指導してくれ!こんなんじゃ、卒業できへんやないか!」
 お父さんの考えでは、これも私の管理不行き届きだったようです。もちろん私もそのまま引き下がってくることはありませんでしたが、こんなネタの家庭訪問は、深夜におよぶ事もしばしばで、たいてい終盤にはお父さんのペースに巻き込まれて食事をよばれて一緒に飲んでました・・・。お父さんはその当時、毎日朝から麒麟ラガー麦酒を20本以上飲み続ける生活を過ごされてました。本当です。
 よく車を荻野宅に置いて、夜中にお母さんに送っていただきました。

 というわけで、ラグビーを応援してくれるときも、息子の成績や行動が不十分なときもすべてこんな感じで3年間が過ぎました。お父さんは、言うことがむちゃくちゃで厳しい方でしたがラグビー部の恩人の一人です。今でも朝明を応援してくれています。
 お父さんとの3年間の付き合いのお陰で、私もたいていの○○○○ーピアレンツにひるむことがなくなりました。本当にありがとうございました。荻野先輩も朝明高校を無事卒業して今では、立派な会社社長です。時々奥さんと子供を連れて我が家に遊びに来てくれます。
 荻野先輩には、来週もう1面のポール工事に来ていただく予定です。


【6月3日】

 早朝6時30分に2年生が修学旅行に出掛けました。みんな嬉しそうに手を振ってバスに乗り込みました。今日は旭山動物園と富良野観光です。存分に楽しんできてください。

 学校に残っている1,3年生は午前中4限授業後に練習でした。島田、杉戸両コーチも修学旅行引率のためスタッフも監督一人です。 今日の目標は大会後の心身の疲労回復と1年生のラグビー理解を深めることでした。コーチは3年生です。FWとBKSに分かれてハンドリングとユニットプレー(FWはスクラムとキックオフ、BKSはキックカウンターとサインプレー)のコーチングの成果をFW対BKSで競いました。3年生はどんどん教え方が上手くなってきました。1年生はいい雰囲気でみんな一生懸命にラグビーを学びました。3年生も教えることで改めて気がつく事も多いはずです。最初は、練習の様子を拝見していましたが、上手に指導する3年生の姿に、今日は彼らに全部お任せでした。
 私は、マネージャーと石拾いしていました。

 芝生の植え付けの日が今週日曜日に迫っています。関係の方々と相談して、結局ラグビー場全面を芝生化することになりました。とはいえ、毎日練習で使いますし、週末には県内外からたくさんのチームが練習試合に来ていただいてますので、利用頻度の高さや天候の悪い日の試合を考えてラグビー場のレイアウトを現在の東西1面から南北2面(芝1面、土1面)に変更することにしました。県下NO1の広大な運動場を持つ朝明高校ならではです。

 今日は練習の最後にみんなでポールを抜き取りました。地上12mのポールですが結構軽かったです。明日には新たなポイントに基礎工事が行われます。もう1面にもポールの基礎工事が行われ、新たなポールが立てられます。
 新しいラグビー場になったら保護者応援用のテントはどこに置きましょうか・・・  楽しみです。
 6月7日(日)は9:00から開始です。今回の芝生計画の主催者であるグリーングラスみえの方々、よろしくお願いいたします。
【続新入部員】

 本日また新たに新入部員が来てくれました。廣瀬仁君1年生(山手中)です。またまた漫画研究部から移籍してきました。同じ中学出身の金ちゃん(金山1年生)に強く誘われたそうです。ちなみに漫画研究部は週1日の活動で漫画を描いたり読んだりするクラブです。
 これで1年生は30名(含女子マネージャー2名)になりました。総勢72名になり、ますます活気が出てきました。嬉しい限りです。廣瀬君、無理せずマイペースでやってください。
 第2次選挙戦も順調です。
【県総体優勝】

3年連続5回目の優勝で県総体も終了しました。
応援していただいたたくさんの方々、大会関係者、対戦チームの皆さんありがとうございました。今日は、朝からたくさんの先生方、生徒の皆さんに祝福していただきました。
とりわけ準決勝から決勝までの3試合、全てに完封勝利出来たことが嬉しく、新人大会よりもミスの少ない質の高いゲームが出来るようになって来ました。まだまだ課題はたくさんありますがこの調子で、高光キャプテンを中心にどんどん大人のチームになって欲しいと思います。

まずは、今大会の反省をしっかりして次の東海総体初優勝を目標に明日から再スタートしましょう。東海総体は6月20日、21日(鈴鹿ガーデン)で開催されます。
朝明高校はこの東海総体では優勝経験はありません。是非とも、高光キャプテンのチームで初優勝を達成して、新しい歴史を築いて欲しいものです。

 さて、今大会中も当HPにたくさんの方々がアクセスしていただき、このブログをたくさんの方々に見ていただいて嬉しく思いました。管理人の稲垣愛先生は、試合会場で知らない方々から「もう足大丈夫?」と痛風の心配とお見舞いの言葉をかけていただいていました。
 今大会の朝明一の注目選手は1試合も出場していないビクトル君でした。いろんな方々に「ビクトルってあの子か?」と聞かれました。彼は不本意ながら今大会は登録選手に入れませんでした。
 決勝前日には、どうしてもメンバーに入りたくて肉離れ気味の足の治療のために早朝からお父さんに豊橋のペルー人治療院へ連れて行ってもらいアマゾンの薬を塗ってもらいました。ところが、帰りに道路が渋滞して12時の集合時間に間に合わなかったどころか、グランドに到着したのが練習終了後の3時でした。残念ですが、決勝前日の練習に参加できなかった選手にユニホームを渡すことは出来ません。ビクトル君、次回頑張りましょう。
 

 今週は2年生が北海道へ修学旅行に行きます。島田先生、杉戸先生も引率で出かけます。金曜日は1,3年生も遠足です。みんな楽しんできてください。
 私は、ここ何年かずっと学校で留守番です。誰もいない学校でポツリと職員室にいる仕事は、はっきり言って私には向いていません。一緒に行って生徒より楽しむ。これが私のキャラです。